宇宙のひみつはちみつなはちみつ

山崎まさよし。音楽。映画。お芝居。

ここが改善されれば来年もオーキャンに行く

今年も遠路はるばる山梨はコニファーフォレストまでオーガスタキャンプに行ってきました。が、ちょっと今年は思うところがいろいろある内容だったなというのが、正直なところです。たぶんこのままこの状況が変わらなければ来年以降は(内容にもよりますが)たぶん行きません。もちろん、変えてほしくないところもありますが、今回は(も?)改善点いっぱいあるんじゃないかと思われます。一個人の意見ですが。

1. 遠いからもっと都内近郊でやってほしい

コニファーフォレスト、まぁ富士急ハイランドですね。とにかく遠くて行くのがめちゃくちゃ大変です。私はとうほぐの田舎から出て行っているので尚更なのですが、朝6時過ぎに家を出ても富士急に着くのはお昼の12時過ぎです。この私のはまぁ極端な例なのかもしれませんが、フェスに行くのに東京駅から電車を乗り継いで2時間近く掛かるのはちょっとキツイ。そして他に交通手段がないのが痛い。バス?車?いやいや、渋滞のリスクかなり高いですから。去年高速バスで行って、首都高の渋滞にハマって2時間近く遅れて着いてから、もう二度とバスで行くまいと決めました。今回も渋滞が酷かったようです。

んじゃ泊まれよっていう話だと思うんですが、(関東圏の人はいいのかもしれませんが)そもそもオーキャンが開催されたその日は基本的に泊まらないと帰れない訳です。だって電車で都内に出るだけで夜の11時近くになるわけですから。高速バスはギリ乗れそうですが新幹線は終わっています。てことはオーキャンに行くだけで1泊確定。それなのに前の日から行ったらもう1泊。主催者の意図としては、前夜祭を開催しているわけなのでそういうつもりなんでしょうが、そもそも富士急の周りにホテルは少なく争奪戦、かつ特に今年は連休なので高い。となるとオーキャンのために2泊もするのは結構高いハードルだと思うんですよね。

さらに、都内でも山手線内からちょっと離れたところに住んでいる友人は、日帰りでも終電に間に合うか冷や冷やしていました。実際今回、結構ギリギリだったようです。8時に終わってもそうなんです。規制退場もあるし。そうすると最後までしっかり観れない可能性も出てくる。都内から2時間もかけて来たのに、最後まで観れなかったら(しかも星かけだし)勿体なさすぎません?そして時間間に合うかなって時計気にしながら観るの、全然楽しくないです。

というわけで来年からはせめて東京駅から電車で1時間くらい(しかも乗継なし)の東京近郊でやってほしいです。ゾゾマリンか横浜赤レンガ倉庫希望。

2. グッズ売り場わかりにくすぎ

HPには一応こう書いてありました。

※Augusta Camp 2018当日、すべての商品が揃うのはBエリア場外物販ブースとなります。 会場内ではTシャツなど衣類の販売がない可能性があります。 会場にご入場する前に、Bエリアにてグッズのご購入をお勧め致します。

仰せのとおり、大人しく最初からBエリア行きましたよ。プレモルのタオル買いたくて。行ったんですけど、「売り切れです、会場内に行ってみてください。買えるか分かんないけど。」って言われました(12時半くらいだったかと思います)。まじかーって思って会場内のグッズ売り場行きました。売り切れ。仕方なく他のタオル買おうと思って10分くらい並びました。あと2人で買えるってところで「タオル全種売り切れでーす」ってことでタオル買えませんでした。私の並んだタイミングが合わなかったんだと思いますけど、でも、せめて開演前に売り切れるようなことはしてほしくなかったなー。毎年やってるんだから出る個数の傾向くらいわかるでしょ。そうならないように通販で買っとけって?ごめんなさい。というか、今回結構なグッズが開演前に売り切れてました。主催者側的にはせっかくの収益のチャンス逃していると思うんですけど、いいんですかね。

3. ヤマさんの油そば並びすぎ&列進まなすぎ

そんなこんなでタオル買えなかった悔しさをバネに(?)、ヤマさんの油そば、めっちゃ並んでたけど開演まであと30分くらいあるし、大丈夫っしょって思って並び始めました。が、長い列が一向に進まない。10分で10人分進んだかな?っているレベル。ほんとに進まなくて、こりゃ開演までに間に合わないぞって思って仕方なく諦めてヨウヘイくんのカレーに並び直して、席に着けたのが開演5分前。ほんと踏んだり蹴ったりでした。油そばは途中の休憩のときにもめっちゃ並んでました。あれだけ並んでも売り切れが早かったわけじゃなかったみたいなので、単純に提供側の段取りが悪かったのかな。いつも思うんですけど、ひとつの列で複数提供できるようにできないのはなんなんでしょうね。もっと段取り良く出来る方法がある気がするんですけどね。せめてオーガスタ食堂のブースを増やすとかさ。飲み物も別に並び直しなのもめっちゃめんどくさい。あ、ちなみにBエリアにもオーガスタ食堂ありましたよ。早々に売り切れてましたけどね。

4. 人によって出演量違いすぎ&コラボ少ない…

これはフェスの中身の話です。もう見出しのままなんですけれども、今回、人によって出番がまちまちでして。特に秦くんとぴーちゃん(そういやはったんぴーちゃん今年なかったな…)。秦くんは持ち歌2曲だけ(しかもコラボはなし)、ぴーちゃんに至っては持ち歌歌っていません(毎年のことっちゃそうだけど)。他の人のコーラスなんかに参加するようなこともほとんどなく、最後の福耳パートもぴーちゃんはソロが無かったりする曲もあったり…。もちろん、オーキャンは毎年全員が均等に出るわけはないのはわかっているし、今年に関していえばぴーちゃんは全国ツアー中。そんななかでもぴーちゃんはオーキャンのために新曲書いてくるのだからもうそれで十分ではあるのですが、今回のオーキャンを観て秦くんぴーちゃんファンはどう思ったのだろう…とちょっと思います。私はどちらかといえばオーガスタ箱推しなのでそこまであれですが、さすがにproduced byやin オーキャン(=誰かを冠にしたオーキャン)でもないのにヤマさんが全然出てこなかったらちょっといやかな。

それと、今回はコラボが去年に比べて少なめでした。去年はバンマスをヤマさんにしてバンドメンバーも全員オーガスタメンバーでやったので、みんな比較的出たり入ったりを繰り返していてそれだけで楽しかったのですが、今年はバンドを外部からも呼んでいて。皆さんプロですし、それはそれで全然よいのですが、そうすると普通のワンマンとあんまり変わらない状況になることも多い訳ですよ。たとえばスキマは今年、後半に全力少年と奏をやったのですが、この2曲に関してはタクヤくん以外がボーカルをとることはなく、言ってしまえばいつものスキマのライブだったんですよね。もちろんバンドメンバーは違いますし、お客さんもスキマのお客さんだけではないという意味では、いつも通りではないのですが。なんか、せっかくオーガスタメンバーがいるのに勿体ないなぁって思ってしまって。去年の入れ代わり立ち代わり方式がすごくよくて、この曲この人がボーカルとるのもいいなぁ、とか、新たな曲の楽しみ方ができたのですが、これじゃあオーキャンじゃなくても聴けるなぁって正直思ってしまいました。今年はツアーに出ている人たちもいるし、別のライブを控えている人たちもいる中でのリハーサルだったからなかなか忙しくてそこまでやれなかったのかもしれないけれど、もっと「オーキャンならでは」が欲しかったかな。もちろん、最後の怒涛の福耳曲は思いっきり「オーキャンならでは」だったから、それを聴けただけでも十分ではあるんですけれども。

私はヤマさん20thのときと、去年と今年の3回しかオーキャンを知らないし、昔のDVDを観る限りだと去年がレアケースなのはよくわかるんですけどね。だけど、去年が良すぎたんですよね…。

色々言いましたが、少なくても来年は都内近郊でやってください。結構みんな毎年言ってることだと思うんですけどね。オーガスタという組織自体がgdgdだなって思うことが結構あるため(ヤマさんのFC然り)、運営面で変化があることはあんまり期待しないので、まずは会場から、改善お願いします。