宇宙のひみつはちみつなはちみつ

山崎まさよし。音楽。映画。お芝居。

OKST&TLIL

この冬から春にかけての山さんの弾き語りツアーOKST、そしてTLILと略すらしい春のホールツアーが1パッケージとなり我が家にやってきました。FC限定商品。頼んだことがすっかり頭から抜けて落ちていたので、不意打ちのプレゼント感があって嬉し。

 

OKST郡山は私も参加したので、(前も書いたのであまりもう言いたくはないですが)まぁーーーーー客の声がうるさくてウザいというその点だけが残念でならないのですが、それ以外は映像作品として完成度が高いと感じました。ライブハウスならではの狭さの中で撮ってるからか、アップが多用され、大事なところで手元も足元も大写しになってかなり満足。あのとんでもない技術をじっくり見れるのは映像の醍醐味です。そしてカメラが多くていろんな角度から映していて面白い。会場にいたのにカメラの多さに全然気付かなかった。MCも、曲間のチューニングも、ほぼカットされてないんじゃないかなというほぼ完全盤。あの日、未完成とワンモアの魂の入り具合に圧倒された強い記憶があったのですが、間違ってなかったです。映像でもその神懸かり方がよくわかる。今観てもひとつの到達点にあるライブだった気がします。本当に素晴らしかった。やっぱライブハウスいいなぁ。立ちっぱとかいう大変さなんてどうでもよくなるくらい、あの距離で山さんの音楽を堪能できるというこの上ない贅沢。またやってほしいな、ライブハウスツアー。

 

TLILは千秋楽。根無し草も入ってるーーーやっぱり外せない気がするよ。1年半は生で聴いてないです。。まぁツアーセトリになかったから当然ではあるんですけども。ずっと大阪(ツアー序盤)のライブインパッケージでこのツアーの音源を聴いていたので、千秋楽と結構音の違いがわかって面白い。オープニングも違うしPlastic Soulのドラムも変わってるけどやっぱり音が格好良いのは変わらない。でもOKSTが良すぎて、そっちばっかり観ちゃう…気がする。

 

てか、TLILの光源のテンポ、速くて大変そうだしすごく気になる(笑)一度メトロノーム止めて速度落としたはずなのに。ま、ライブは生もの、色々ありますよね。