読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙のひみつはちみつなはちみつ

山崎まさよし。音楽。映画。お芝居。

伊参スタジオ映画祭 その2

とりあえず、やっぱり、月とキャベツについて。

月とキャベツのことを知ったのは、私は公開からだいぶ経ってから。
公開当時はまだ、、、物心もついてないので。
伊参も来たことがなかったから、大きなスクリーンでは一度も観たことがなくて。
だから…大きなスクリーンで初めて観たのが今回でした。

伊参は月キャベ、フィルムで上映なんですね!!!
すごい良かったーーー
途中でがっちゃん、ってフィルムの切り替えがあるんですけど、
映像もそんなには良くない(フィルムだから当然)んだけれど、
それが味があって、今フィルムで映画観る機会なんてないからわくわくしちゃって(笑)
これはやっぱり伊参じゃないと体験できない。
大きなスクリーンに映し出される花火とヒバナ
もうこれだけで感激。

当然、沢山の人と一緒に月キャベを観るのも初めてで。
花火が出てきた途端、「若っ」って声が聞こえてきたり(笑)、
「俺、この人に似てないか?」で笑い声が聞こえたり。
クライマックスでのドキドキ感をみんなで共有したり。
これでこそ映画の醍醐味。
それを大好きな月キャベで体験できた。
これだけでも伊参にきた甲斐があったってもんです。
本当に来たよかったって何回も思ったけど、映画観ながらもそう思いました。

そういえば。
私はずーーっとずーーっとDVDでしかこの映画を観ていないんですけど、
DVDとフィルムとでは、びみょーーに、フィルムにしか入っていないカットがあった???
ような気がして。
もう数えきれないほど観てるけど、あれ?こんなカットあったっけ、って思ったところが
何か所かあった。
それは私の勘違いだったのかな~。
フィルムで、切り替えがあったりして、一瞬間があったりしたから、そう思っただけかなぁ。
そうかも。あまり自信はない。


上映が終わって。
楽器がセッティングされて。
もう、、、わかりますよね?(笑)
そういうことなんですよ(笑)

実は、月キャベの上映がはじまるまえに、一度、全員体育館から追い出されたんです。
追い出されたっていうと言い方が悪いけど(笑)、一度出てくださいと。
リハーサル しますから、と。
もうこれは、そうでしかない訳で。

会場はもちろん、山さんのファンだけじゃないんですけど、
だけど、私がちらっと聞いただけでも、
みんな、山さん歌ってくれないかなって、思ってたみたいです。
そして、外に音が漏れ聞こえてくるんですよ。
もう皆「聞こえる聞こえる!」と老若男女問わずきゃっきゃしてましたよ(笑)

 

みんなが山さんの音楽を心待ちにしてるときでした。

今日はここまでー