宇宙のひみつはちみつなはちみつ

山崎まさよし。音楽。映画。お芝居。

君の名前

山崎まさよしファンブログを語ってるのに、全然新曲のこと書いてへんやないか!
という本人からのツッコミがきそう(こない)なので、書きます。

「君の名前」
まさか、娘さんが誕生していて、娘さんに充てた曲だなんて、ね。
Fat mamaとか書いてた人が(って言っちゃダメか)、

十数年後こんな優しい曲を書くなんて、
誰が想像したでしょうか。

なんというか、「光源」もそうなんだけど、
良くも悪くも「あーーーいまの山さんだなーーー」って感じ。
そりゃ、今の山さんが書いてるから、当然なんだけど。
なんだろう。

 

攻めてる曲が、そろそろ聴きたい。

 

昔が良かった、って言うつもりはありません。
知らないし。
山さんの”昔”に関しては全部後追いなので、私は。
今のこの曲も、好きですよ。
今このタイミングだからこそ、
娘さんが生まれたタイミングだからこその、この曲。
わかる。わかるよ。
だけど、私はそれ、そんなに沢山は求めてない、かなぁ。。
「空へ」も「君の名前」も「光源」も、ミディアムテンポで、
なんというか、第一印象はおんなじような感じの印象を受けるというか。
聴き込んでいくと、やっぱり違うから、さすがだなと、思うのだけれど。

ちょっと、攻めてる感じのも、聴きたい今日この頃。
(あ、でもないんすとーりー的な方向の攻め、じゃなくてよ。。。)
勢いに任せて作っちゃったー!みたいなのとか。
若気の至り的な勢いではなく、今の山さんだからこその攻め曲、が聴きたい。
若気の至り的勢いの曲は、ライブで聴けるし。


アルバム、待ってます。