読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙のひみつはちみつなはちみつ

山崎まさよし。音楽。映画。お芝居。

伊参スタジオ映画祭 その5

奇跡がもしも起こるなら、と山さんは歌うけれど、
私の目の前で起きた出来事は、奇跡としか言いようがないんじゃないか?って。

 

私はこの映画の20年前を知らない。
公開された当時のことはひとつも知らない。
知ってるのは、ここ5年のことだけ。
それより前は、ただ過去をなぞってるだけで。
普通これだけ時間が経っていれば、そうやって過去をなぞる努力だけで終わっちゃうんですよ。
20年という月日は、あまりに長い。
過去の資料だって、なかなか手に入り辛い。
ましてや今回の月キャベの場合、真田さんはつい最近まで表には出て来ない人でしたし。

 

それが。
十何年も前から毎年上映される場所があって、
公開から20年だ!って、お祝いだ!っていって、
当時の出演者、スタッフが集まって当時の話を聞くことができる機会がある。
しかも聖地と呼ばれる場所で。
こんな日本映画、他にないんじゃないですかね??
山さんも、みんなから愛されてる作品で幸せです、みたいなことを言っていたけれど、
こっちが幸せなんです!!!
月キャベを愛することができて、聖地でフィルムで見ることができる、ふたりに会うことができる、話を聞く機会をいただける、、本当に奇跡だし幸せなこと。
今回企画したスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

 

20年前に公開された映画について聞く機会なんて、もうないんじゃないかとずっと思っていたから。。
そして何より、ふたりが楽しそうに笑顔で、スタッフさんもついこのあいだのことのよーにお話してくださる。
こんなに愛される映画に出会うことができて、私の人生がひとつ豊かになりました。

 

花火がヒバナのことを忘れることはないように、私もあの日のことはきっと忘れないでしょう。
大切な一日になりました。
ありがとうございました!

伊参スタジオ映画祭 その4

 

 

 

 


そのあとのことを書こうと思ったら、そんな必要はなくなりました。


シネマトゥデイ様が神過ぎて!!!
素晴らしすぎるレポートに、写真。
勝てません。
本当に感謝しかないです、ありがとうございますシネマトゥデイ様!!!


ということで、この笑顔なんです。
花火とヒバナが2人そろって、和気あいあいと楽しそうな笑顔とトーク。
幸せすぎる時間。
その思いは、また別記事に書くとして。


ちょっとだけ補足。


山さんが歌い終わると、一度ステージから降りて、
ヒバナちゃんの隣の席に座ったんです。
楽器の撤去があるので。
そのあいだ、なにやら二人でおしゃべりしててーー!
モチロン、会話は聞こえては来ないのですが、
ヒバナちゃんの声が小さいのか(それともまわりがうるさいからか)
「ん?」とちょっと顔を近づけてお話してたりもして。
もう、それ見てるだけで私のニヤニヤが止まらない(笑)
見すぎ?ごめんなさい(笑)だって二人が揃ってお話ししてるの、本当に嬉しいんですもん。


松岡プロデューサーが司会をして、最初は監督と主演のふたりと4人トーク。
そのあと記事にあるように、”幻のエンディング”と、あと来年公開のヒバナちゃん出演映画の特報を上映。
んで、後半はその4人と、当時のスタッフさんたちも交えてのトーク。
だから、、話の中身が濃かったです。
あのときは、こうで、ああで…っていうのが、ぽんぽん出てくる。
みなさん、20年前のことなのに良く覚えていらっしゃるなぁ。

すごく印象的だったのが、ヒバナちゃんは「山崎くん」と、他のスタッフさんは「山ちゃん」と呼ぶんですよね。
今も仲がいいんだなっていうのが、もうそれだけで伝わってきて。
いい現場だったんだなって…
山さんの暴露話によると(笑)、月キャベの現場からカップルが4組できたとのこと(笑)
「それだけ密だった」って。そうだよね。

あともうひとつだけ!
ヒバナちゃんの本名は「ごしまひかり」ですが花火の本名はなんでしょう?
というクイズが松岡Pから(笑)
「えー?本編にでてこないんでしょ?わかるわけないやん!」って山さんは半ば諦めてましたが、
監督も覚えていないらしく(笑)
裏設定でつくったとのこと。
松岡Pだけはご存知でした、、が!結局教えてくれず。
ヒントでイニシャルHということだけ(笑)花火という名に近いかといえば、そうでもないらしい。
気になるな~~~
いつか教えてほしい!!!

ちなみにこの本名当てクイズ。
最初はヒバナちゃんの本名は?というクイズで、
山さんは「手紙にでてくるやつやろ、、、ひかり!!」
と見事正解!真田さんは覚えていなかったようです(笑)

 

とにかくおふたりとも、いや皆さん笑顔が多くて、すごく楽しく、あたたかい時間でした。
月キャベ成人式も、かなり期待できるんじゃないかと!!!


私の思いは、次の記事に。
長くなってしまうので。

伊参スタジオ映画祭 その3

月キャベ続き。

 

上映が終わって、月キャベプロデューサーの松岡さんがマイクを持って登場。

そうしている間に、キーボードだのなんだの楽器たちの準備がステージ上で進められていきます。


f:id:uchuno232:20161123010135j:image

 

ちなみにステージはこんな。これは映画祭が始まる前に撮ったやつです。

そんなこんなで、ついに山さんの登場。

会場後方の入り口から出てきて、ステージ上手側からステージにあがります。

もちろん大歓声ですよ!!

佐藤浩市さんの登場時もそうでしたけど、

今まで観た映画の主演が登場するんですもん。

そりゃ、ミーハーならずとも興奮する、でしょ?

 

「どうも、山崎です」

なんて言いながら、いつものようにギターを爪弾く山さん。

ごめんなさい、この辺の記憶が、、薄い…

本当にテンション上がりすぎて、というか、もう登場しただけで感涙モノなので。。

ずっとずっと、山さんが伊参スタジオに帰ってくる日を待ってたから…

山崎まさよしが伊参スタジオに帰ってきて、ギター弾いて歌うってだけで、もう…

だめなんです。泣いてしまって。

 

あ、そうそう。

山さんが入ってきたすぐあとに、ヒバナこと真田さんと監督が入ってきて、ステージ下の上手側に用意された席で座って聴いてて。

監督は足でリズム取ってて(笑)

ヒバナはこの今の山さんの歌を聴いて何を思ったんだろう…

曲覚えてたりするのかなぁ。

尋ねたいなとも思ってたんだけど、そんな質問タイムは設けられず。

 

そんで弾きだしたのは、月明かりに照らされて。

もちろんギター弾き語りで。

あとで山さんも言ってたんですけど、しんとして黙って聴いている客席。

そうなっちゃうんです、どうしたって。

圧倒されるというほうが近いかも。

初めて山さんのライブを観たという人が多かったと思うんですよ。たぶん。

だから見入ってしまっているような客席でした。

山さん、寒かったろうに、でもすごいよく声が出てました。

 

続いては中華料理。

ヒバナが草の上で歌っていた曲…」という本人の紹介。

きたーーー!

私は妖精のいた夏がくるかなーって思ってたんですけど、中華料理だった!

自然に手拍子も起きて。

やっぱ好きだなぁ。等身大の山さんの歌。

弾き語りではたぶん初めてかなぁ、聴いたの。

ギターすごいいいですね、装飾音(っていうのかなぁ。)とか素晴らしくて。

 

そして、黙ってキーボード席に移動して、弾き始めたのは、やっぱり…ワンモア。

もうねーーー泣いてしまいますよ、これは。

公開から20年経って、またここに戻ってきて、山崎まさよしが歌っている。

花火が歌ってる。

そのシチュエーションがもう。嬉しさで涙がこみあげてきて。

ワンモアは、ほんとーーーに良い曲ですね…

映画が出来る前にはすでに完成されていたというのは、有名な話ですが

まさに”奇跡”のような映画なんだなと…ワンモアを聴きながらしみじみ。

 

サプライズの3曲。

幸せでした。

伊参スタジオ映画祭 その2

とりあえず、やっぱり、月とキャベツについて。

月とキャベツのことを知ったのは、私は公開からだいぶ経ってから。
公開当時はまだ、、、物心もついてないので。
伊参も来たことがなかったから、大きなスクリーンでは一度も観たことがなくて。
だから…大きなスクリーンで初めて観たのが今回でした。

伊参は月キャベ、フィルムで上映なんですね!!!
すごい良かったーーー
途中でがっちゃん、ってフィルムの切り替えがあるんですけど、
映像もそんなには良くない(フィルムだから当然)んだけれど、
それが味があって、今フィルムで映画観る機会なんてないからわくわくしちゃって(笑)
これはやっぱり伊参じゃないと体験できない。
大きなスクリーンに映し出される花火とヒバナ
もうこれだけで感激。

当然、沢山の人と一緒に月キャベを観るのも初めてで。
花火が出てきた途端、「若っ」って声が聞こえてきたり(笑)、
「俺、この人に似てないか?」で笑い声が聞こえたり。
クライマックスでのドキドキ感をみんなで共有したり。
これでこそ映画の醍醐味。
それを大好きな月キャベで体験できた。
これだけでも伊参にきた甲斐があったってもんです。
本当に来たよかったって何回も思ったけど、映画観ながらもそう思いました。

そういえば。
私はずーーっとずーーっとDVDでしかこの映画を観ていないんですけど、
DVDとフィルムとでは、びみょーーに、フィルムにしか入っていないカットがあった???
ような気がして。
もう数えきれないほど観てるけど、あれ?こんなカットあったっけ、って思ったところが
何か所かあった。
それは私の勘違いだったのかな~。
フィルムで、切り替えがあったりして、一瞬間があったりしたから、そう思っただけかなぁ。
そうかも。あまり自信はない。


上映が終わって。
楽器がセッティングされて。
もう、、、わかりますよね?(笑)
そういうことなんですよ(笑)

実は、月キャベの上映がはじまるまえに、一度、全員体育館から追い出されたんです。
追い出されたっていうと言い方が悪いけど(笑)、一度出てくださいと。
リハーサル しますから、と。
もうこれは、そうでしかない訳で。

会場はもちろん、山さんのファンだけじゃないんですけど、
だけど、私がちらっと聞いただけでも、
みんな、山さん歌ってくれないかなって、思ってたみたいです。
そして、外に音が漏れ聞こえてくるんですよ。
もう皆「聞こえる聞こえる!」と老若男女問わずきゃっきゃしてましたよ(笑)

 

みんなが山さんの音楽を心待ちにしてるときでした。

今日はここまでー

伊参スタジオ映画祭 その1

このブログのタイトル。
宇宙のひみつはちみつなはちみつ。

これは、言わずもがな、月とキャベツから拝借しています。

だから。
言わずもがな、とてもとても大好きなんです。
確実に、間違いなく、私の人生で一番大好きで、大切な映画なんです。

今年の伊参スタジオ映画祭。
以前書きましたけど、夢じゃないかと疑うほどに、このラインナップに歓喜しました。
嬉しくて嬉しくて。
こんなことが起こるのかと、本当に、思った。

少しずつ書いていきます。
この、夢のような、ふわふわした、だけど確実に目の前で起こった出来事を。

ボブ・ディラン ノーベル文学賞受賞

ボブ・ディランが、ノーベル文学賞を受賞しました。

すっっっごい嬉しいです。
4月のエントリーでも書いたけど、ディランの音楽を聴きはじめて約10年、
ディランのライブに行ける!と決まった時も嬉しかったけど
今回は特別。予想だにしなかったから。

はじめ聴くと誰もがあのダミ声の印象を持つと思うんですけど
今回文学賞を受賞したことで、歌詞の素晴らしさが改めて評価される(された)と思います。
英語はできないんですけど、歌詞の和訳を調べながら聴いてました。
是非!歌詞を知ってほしいです。
ちなみに私は…好きな曲いっぱいあるけど、今はよくMr.Tambourine Manを聴いてます。
サウンド的にもだし、明るい曲のなかに悲しさがあって、、、
祈りの曲だなと思うのです。曲は明るいのに、こんな祈りの曲、あるのかと…
人によって解釈が色々取れる曲だとは思いますが。

これでまた来日したとしてもチケット取りづらくなるんだろーなー。

君の名前

山崎まさよしファンブログを語ってるのに、全然新曲のこと書いてへんやないか!
という本人からのツッコミがきそう(こない)なので、書きます。

「君の名前」
まさか、娘さんが誕生していて、娘さんに充てた曲だなんて、ね。
Fat mamaとか書いてた人が(って言っちゃダメか)、

十数年後こんな優しい曲を書くなんて、
誰が想像したでしょうか。

なんというか、「光源」もそうなんだけど、
良くも悪くも「あーーーいまの山さんだなーーー」って感じ。
そりゃ、今の山さんが書いてるから、当然なんだけど。
なんだろう。

 

攻めてる曲が、そろそろ聴きたい。

 

昔が良かった、って言うつもりはありません。
知らないし。
山さんの”昔”に関しては全部後追いなので、私は。
今のこの曲も、好きですよ。
今このタイミングだからこそ、
娘さんが生まれたタイミングだからこその、この曲。
わかる。わかるよ。
だけど、私はそれ、そんなに沢山は求めてない、かなぁ。。
「空へ」も「君の名前」も「光源」も、ミディアムテンポで、
なんというか、第一印象はおんなじような感じの印象を受けるというか。
聴き込んでいくと、やっぱり違うから、さすがだなと、思うのだけれど。

ちょっと、攻めてる感じのも、聴きたい今日この頃。
(あ、でもないんすとーりー的な方向の攻め、じゃなくてよ。。。)
勢いに任せて作っちゃったー!みたいなのとか。
若気の至り的な勢いではなく、今の山さんだからこその攻め曲、が聴きたい。
若気の至り的勢いの曲は、ライブで聴けるし。


アルバム、待ってます。